大村歌貴渓芸能界ビューティー研究所

大村歌貴渓
タイムライン投稿
5
ライブラリ投稿
0
開催済イベント
0
参加者
5
この部活のタイムラインでは、このような投稿があります。
芸能界、足掛け30数年。
一度アトピーになり、一度は出産・子育てと引退を考えたこともありました。
その後、CMのメインキャストや大物俳優のトークイベントMCなど不死鳥の如く蘇ったことから、この研究所が生まれました。

今週の一言は


『芸能人目指すなら能動的でいること』


近頃、演出上手とも言いますがちょっとTVに映ったことを

「取材されました」

と公言する「芸能人」目指す勘違いな人たち。


取材受けた???まぁ、そんな人は沢山います。
街中歩いていれば当たる人は当たります。

天から見たら
【選ばれた】
かもしれませんが
制作サイドは『ネタ』の一つであって、

貴方を売るためではありません←ここ大事



受動的に受けた取材は、ただ目の前を歩いていて、その日のテーマによって人の選別し

「気前よく応えてくれそう」
「すごく変」
「ちょっと面白い人」

など、で映っただけです。


貴方の映り方、それでいいの?


線引きをしましょう。
取材は、お金を払って呼ぶことも出来ます。
本当に自分自身を取材して欲しいなら。貴女がそれまでにどれだけ自己表現してきたのか振り返ってください。

取材はこちらが売るものを持っていれば今は取材に来てくれます。

「売るもの」とは
貴女の表現で、今までどれだけの人が感動しましたか?

Instagram、tikitok、YouTube etc。。。


努力してますか?
毎日?毎週?

芸能は常にクリエイターであることが大事。
着せられるのではなく、「役」を着る。

待ってるだけでなく、発信していき能動的に生きましょう。
コメント2
芸能界、足掛け30数年。
一度アトピーになり、一度は出産・子育てと引退を考えたこともありました。
その後、CMのメインキャストや大物俳優のトークイベントMCなど不死鳥の如く蘇ったことから、この研究所が生まれました。


【芸能界で仕事を続けていくには】
今週の一言は

諺にもある
『聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥』

これね、やりがちなんです。
変な遠慮とも言うのかな。
聞くのをやめちゃう理由は、

「今更聞いたら、恥ずかしい」
「現場、ストップさせちゃまずい」
「大した事じゃないかな?」
「私だけかな?」


という『恥ずかしい』なんですね。


なので、監督に『この子は今怒ってますよね?』
って、大切なことを聞きそびれます。


本人としては【場の空気読まなきゃ】
の結果なんですけどね。

挙句、互いが違う解釈だから芝居が決まらず、かえって長引くのです。


そして、周りから見ると貴方の
『空回り』

が見えてきます。


『気遣い、心配り』
は大事。

でも、相手にとっては要らない場合もある。
気遣いは、場合によっては相手に確認もせず
『自分の思い込みで自分のやりたい事を押し付けている』だけ。

だったりすることも。

そんな経験ありませんか?
もしかしたら逆に気を遣われて、疲れちゃった?


そんなハムハムハムスターちゃん見た時は是非、声をかけてあげてください。

『気がきくねぇ。お芝居(仕事)もさ、これだけ気を回せるのだから、才能あるよ。相手役の人とをちゃんと顔見て一度話してみたら?』

なんて。


空回り始める人は
自分にしか関心が持てず、全体をみれていません。
で、更に自分に自信がないと言っては、
人のやる事には上から目線で口を挟む。
人様の表現に評価はするが、自分はされたくないから
『恥ずかしいから』
そもそもの表現をしない。

自己表現が出来ていない。

だから人は付いてこないし、
だから『浮く』のです。
だって、本音言わない人に誰が心を許せる?


そう言う空気には敏感だから、浮いてるというそれは察知する。

そして『自分はダメなんだ』というラベルを貼って、成長しようとしない。


是非伺いたい。
誰のために生きてるの?と。

コメント1